プロフィール

マス(以下省略)

Author:マス(以下省略)
仕事とプライベートの両立を目指すも、
なかなか上手くいかず、多少の問題を抱える。
そんな29歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
12/30(Fri)

work harder

この一ヶ月、ふたりの先輩に言われた言葉。
「masu、今がチャンスだぞ。一生懸命やれ」

最近、周りが評価してくれるようになった。意気込みだけは。
まぁ、僕の後輩たちがその評価に関係してるのは微妙な気分だけど。

先輩に言わせると、仕事への意気込みが他の若い衆とは違う、らしい。
「相変わらず、スキルはないね」と釘も刺されるが。
上のひとたちにもその評価を伝えていただいてるそうで、
僕としてはありがたい。

無理をしない程度に頑張ろう。少しの無理でも、
それが標準になれば、なんとか乗り切れるはず。
スポンサーサイト
このページのトップへ
12/29(Thu)

レクイエム&ラブソング

あっという間に一年が過ぎていった。
今年1年、なんとなく、前半は慌しく、
ただ、後半は安定したときが流れている、はずだった。
あんなことさえなければ、ね。
この「あんなこと」はネットワークを通じて知らせることもないので
気になったかたは直接お尋ね下さい。

この書き物を始めた理由としては、
やはり持続力を、こと書くことに関しては持っていたいな、という
意図があったためだ。

昨年、忙しさの中で、なんとなく書くことを疎かにして、
自分がやりたいことへ取り組めないやり切れなさに潰れそうな、
そんな感覚に襲われて。
やっぱり書きたい。
癖をつけて、もっと長い文章、物語をもう一度書きたい、と
感じたから。
それが何かのカタチ、たとえば演劇、映像、のようなものに
ならなくとも、それでいいのではないだろうか。
誰かのココロに少しのあったかさとか、少しの喜びとか、
届けることがもしできるなら、それでいいんじゃないか、って。

僕のコトバはメロディーのないラブソングばかり。
メロディーは世界を定義付けるためのものであって、
必要不可欠なものではないから、僕はこのままで生きていく。
このページのトップへ
12/21(Wed)

生と死

死はゼロなのか。
生は決まったライフポイント(ロープレ的)を
削りながら歩を進めていく旅路なのか。

もし、命のバトンを望む誰かに渡せるのなら、
失わなくて済む命もたくさんあるのに。
死は何故、あのひとを選んだのだろう。

ある日、僕も望むと望まざるとに関わらず、
この世界に別れを告げる日が来るのだろうか?

今はまだ消えたくない。
この希望も踏みにじられるかもしれないけれど、
すがらない程度に信じるなら、そう悪くない。
このページのトップへ
12/19(Mon)

魚といそぎんちゃく

いつか、知人とこんな話をしたことがある。
「魚といそぎんちゃく、どっちの生活を選ぶ?」

その知人は、僕の知る限り、いつもせわしなく動いていて、
やらないのは損、とばかりにいろんなことに挑んでいく。
まさに、彼女は魚の生活を送っている、と言うべきなのか。

彼女に言わせると、こうだ。
「魚のほうがいい。だって、いそぎんちゃくの見る景色はいつも一緒」
「魚でいれば、いつか大きな海に行って、いろんな景色が見られる」

僕は、すかさずこう反論する。
「同じ世界で見る景色だって、いつも同じとは限らないじゃない」
「同じ世界の小さな変化に敏感でいたい、って俺は思う。
 いそぎんちゃくの生活も悪くないよ、きっと」

魚といそぎんちゃくの生活はすれ違い、ただ、確かな接点を持ち、
どの世界にも共通な「時間」という海を漂っている。

あれからいろいろと答えを探しているけど、
相変わらず答えは出ないまま。きっと答えなんてないんだろね。
このページのトップへ
12/16(Fri)

世界にヒトリ

二人でいるときに感じる孤独と、
世界にただヒトリ残された孤独は、
一体どっちが悲しいのだろう?

僕らはきっと孤独な顔を決め込みながら、
最終的には、孤独になりきれないから。
徹底した孤独に追いやられる事態なんて、
基本的にあまり起こり得ない。

だから、ヒトリを想像すると、
涙が止まらなくなるんだね、きっと。
このページのトップへ
12/11(Sun)

鮮明な記憶 透明な傷跡

綺麗なものを見た。
僕の思う箱庭という概念は、こういう感じかも。

wat.jpg



綺麗なもの、好きなものを閉じ込めておきたい。
夢や想い出は、頭の中でとどめておくには物足りなくて。
傷跡が増えるほどに、生きている、って感じられるなら、
こんな考え方も悪くない、って思える。
このページのトップへ
12/11(Sun)

きれいなとこ

行ってきましたよ。
詳しくは明日書きますが、
持続力を言い訳にして、本日更新。

欲望と欲求は違うね、きっと。
最近そんなことを感じる。

このページのトップへ
12/09(Fri)

当事者なのに部外者

「どうぼく」の恋愛成績表で低レベル扱いされました。笑
うーん、まぁ、頷けなくはないけども。
あゆみとの相性の中で、あゆみの大人っぽさに助けられる、
という文章があったあたりは本気で笑った。爆笑

相手に合わせるのが苦手なのは確かかも。
自分が物事を複雑に考えたがるタイプだから、
相手にもそれを求めちゃうし。
自分が要求しない分野に対しては、どうなろうと知らない。
結構子供だなぁ、って思う。

ほんとに怖いのは、そんな自分を第三者で見ちゃうこと。
このページのトップへ
12/08(Thu)

サイケデリックフェミニスト

僕のことをある程度知っているひとは、
僕がたまにイヤリングをつけていたりとか、
マニキュアを日常的に塗っていたことがあるなど、
ご存知かもしれませんが。

仕事が休みの際は、なんかお洒落したいなぁ、と。
しかもワンポイントで済むようなのがいいな、と。

周りの女の子に聞いてみようかな。

あ、女装趣味はありませんから!!
念の為。
このページのトップへ
12/07(Wed)

生と性

生きるということは難しい。
周りで生死に関わることが起きないと、
なかなか実感することが難しい。

性への考え方は「生きている」証明かも、と
最近思う。
生かされているのではなく、ね。
あ、DO、変な変換しないの。笑
このページのトップへ
12/05(Mon)

お買いもの☆

買いました。
デジカメとプリンター。
複合式プリンターを使うことが果たしてあるのか。笑

戦術を考える前に装備を決めてしまっている印象も否めませんが、
これはこれでまた一興。

遊びまくります。笑
このページのトップへ
ホーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。