プロフィール

マス(以下省略)

Author:マス(以下省略)
仕事とプライベートの両立を目指すも、
なかなか上手くいかず、多少の問題を抱える。
そんな29歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
02/06(Wed)

侍BLUE 冒険のはじまり

とりあえず、勝ちでスタート、ですね。

先制点はヤット。FKを直接沈めました。試合終了直前の播戸のシーンしかり、
また、巻のダメ押し点しかり、止まったボール蹴らしたら天下一品なのかな。
いつかの藤田俊哉的な感じは若干否めないけど、ヤットの良さはほどほどに出たかな。

同点ゴールのシーンは若干川口が前目にポジション取り過ぎてたけど、あのシーンは
フリーランニングしていたFWに目がいっちゃって、前に行っちゃった感じでしょうね。
しかたないでしょう。

嘉人のゴールシーンはその前に1対1で仕掛けた山瀬の積極性でしょうね。
憲剛の切り替えの早さ、あと嘉人の嗅覚。それが生きたゴール、ってことでしょう。
まぐれかもしれないけれど、特色はよく出てたゴールでしたね。

ボンバーの追加点はさすがですね。あの体勢からゴールに入れるのは難しい。
憲剛のボールも非常によかった。素晴らしい。

内田フル出場に関しては、まずは及第点といっていいのでしょうか。
フル代表でのガチンコマッチ初スタメンにしては、よくやったでしょうね。
前のスペースへの入り方は非常によかったと思います。
ただ、そこからのプレー選択は全体的に迷いがあったかもしれません。
ただ、まだ20歳じゃなかったっけ。これからの経験に期待できますね。

少し苦言タイム。
高原のコンディションはやっぱり悪かった。評価とかはとりあえず保留ですね。
少しずつ取り戻しつつはあるみたいなので、期待しておきたいですね。
山瀬に関しては動きはそこそこ良かったと思います。ただ、もっと前に絡めたかも。
やや左よりのゾーンで悪戦苦闘していた印象。勝ち越しゴールの際の積極性は◎。

ものすごく苦言タイム。
やっぱり駒野の左サイドバックはだめだと思う。
前半3点は取れたはず。左サイドにせっかくいいボール出ても、必ず切り返す。
相手ディフェンスはダイレクトで左足でクロスが入ったほうが嫌に決まっている。
あの切り返しでディフェンスはポジショニングし直せてしまう。
かつ、ただでさえ、流れの中でゴールに向かって戻っているのに、切り返して右足だと、
正対してボールを迎えることができてしまう。
全くもって残念な展開であると、僕は思うのであります。
現在Jの左サイドの選手に一流の選手がいない、ってのが原因かもしれないけど。
今年はアレックスも日本に戻って来るので、彼の再招集もありかもしれません。
ただ、本音は中田浩二か、もしくは横浜FMの小宮山君の成長でしょうね。
前の日記で書いたノリカル(鈴木規郎)もディフェンスで見通したてば、って条件付だけど
期待してみてもいいかもしれません。

2戦目以降をとりあえず楽しみにしてみましょう。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。