プロフィール

マス(以下省略)

Author:マス(以下省略)
仕事とプライベートの両立を目指すも、
なかなか上手くいかず、多少の問題を抱える。
そんな29歳。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
04/09(Wed)

アンフィールドの魔力

CL準々決勝、2ndレグ、終わりましたね。

我らがガナーズ、準々決勝で消えてしまいました。泣
やっぱりフラミニの負傷退場は痛かったかもな、っていう話ですかね。
83分のウォルコット独走→アデバイヨールの同点ゴールでアウェイゴールルールでリード。
このときにはほぼ決まったな、って思ったんだけどな。
その1分後にはトゥーレがバベルを倒し、PKを献上してしまうしね。
ジェラードは物凄い冷静さで右上に強シュートをぶち込んで、またビハインドを許してしまう。
このストーリーはやっぱり「アンフィールドの魔力」としか思えない部分はあるよ。
最後はロスタイム、全員あがったセットプレーからカウンターを食らい、バベルに追加点を許す。
バベルを最後まで追ったのが、リーグ及びCLでのアーセナルの快進撃を支えたセスクだったのも
あまりにも残酷なコントラスト。

やはりレッズはCLでは抜群に強い。
そして、彼らのホーム:アンフィールド・ロードでの強さは神がかっている。
前回優勝時もそうだけど、ビッグファイトを乗り切りながら、波に乗っている感じがする。
準決勝のfixtureとかは実は知らないけど、かなりの確率でファイナルまで行くのではないか。
むしろ、ガナーズ倒したんだから、頂点まで行ってほしい気もしますね。

ガナーズは方向性は間違っていないと思う。
ただ、まだ若さがあるのと、リーグとCL2冠を見据えながら戦うのは荷が重かったのでは?
そして、何よりエドゥアルド・ダ・シルヴァの大ケガによるPTSDは大きかったのかもと思う。
あの試合以後のアーセナルの選手の50:50の場面での物足りなさは目立った気もする。
ドゥドゥの足から骨が突き出している、あの光景を見た時に、彼らは表情を失っていた。
若い選手が多い分、切り替えがうまくいかなかった、というのもあるでしょうね。
まだリーグ終わってないけど、今年のガナーズはすごく面白かったと思う。
最終ラインの補強(特にSB)を効果的にでき、中盤センターにあとひとり加えられたら。
来シーズンこそ、CLもリーグも含めて、タイトルをとれるのではないかと思う。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。